Wedding love

Wedding love

結婚式で求められる挨拶ってどんな感じ!?

結婚式では、「乾杯」、「会社の上司として」、「友人代表として」、そして「新郎新婦から」等、様々な立場での挨拶があります。「乾杯」や「会社の上司として」では、新郎あるいは新婦にとって目上の人が務めることになるので、上の立場から見た新郎あるいは新婦の普段の行いや良い点をうまく交えた話が求められてきます。特に会社の上司の場合、入社してきて初めて会った時の印象から、今日までに成長した点を冗談を含むエピソードを交えながら話してもらえると会の序盤が和やかになります。また、友人代表としての挨拶の場合、新郎あるいは新婦と知り合ったエピソードから始まり、一緒に旅行や遊びに行った際の面白いエピソードなどを交えながら、新郎あるいは新婦の人となりを話すと、両家の親族の方も「あぁ、そういう一面もあるのか」と思いながら楽しく話に惹きつけられます。最後に新郎新婦からの挨拶は、それぞれの両親への感謝の言葉を述べる最高の場面ですので、普段言えないような感謝の言葉をしっかりと伝えましょう。

結婚式の挨拶で必要な項目

結婚式での挨拶は感謝の気持ちや参列頂いた方に伝えたい気持ちを自分なりの言葉で伝える事が大切です。しかしそれは自分勝手に自由な言葉で伝えて良いという意味ではなく、守るべき必要最低限の礼儀やマナーというものも存在します。例えば式に参列頂いた方には遠方から来て頂いた方や、多忙なスケジュールを調整して参列頂いた方がいるかもしれません。そのような方たちに対して式に出席して頂いた事への感謝を伝える必要があります。またどんなに仲の良い友人たちや親族の集まりであっても、やはり敬語を使った方が良いです。他にもスピーチとは異なるため伝えたいことを延々と話すのではなく、なるべく簡潔にハキハキと明るく述べる努力が求められます。失敗を恐れて事前に伝えたい内容を紙に書いて忍ばせておくことも重要ですが、ずっと用意しておいた紙を見ながら話したり、棒読みになるのも控えた方が参列者は好感を抱きます。式の冒頭や締めくくりに行う挨拶が多いため上記のことを念頭に行うことを求められます。

『結婚式 挨拶』 最新ツイート

@kekkontarou1

結婚することが決まってからの、良くあるイベントとしては、次のようなものがあります。 両親への挨拶、結納、婚約指輪の手配、結婚式の検討・決定、新居探し、など。 ただし、何より一番大切なのは、婚姻届の提出です。結婚は、戸籍法に定める婚姻届の提出によって成立します。

42分前 - 2017年08月24日


@manner_t

【乾杯の挨拶・黄金例文】 結婚式の乾杯の挨拶 一生心に残る感動的な9つの例文 読んでみる ↓ ↓ ↓ https://t.co/PUk8dnm84M https://t.co/kR5OWjJR6i

3時間前 - 2017年08月23日


@chiitariii_0204

中学校の時塾の先生にも担任にも親にも顧問にも陽明厳しいから諦めれって言われてたのにえーみーだけずっと見捨てないでいてくれて えーみーいなかったら部活も塾も行ってなかったんだなーって思うとほんとに存在大きい🤗 結婚式の友人代表挨拶は… https://t.co/FXesOjmhgI

8時間前 - 2017年08月23日


recommend

Last update:2016/6/9

COPYRIGHT(C)2015 Wedding love. ALL RIGHT RESERVED